作りたい作品に仕上げる

冊子

出来上がりと予算の違い

サークル活動などでイラスト本を作るときには、どういった印刷方法があるのかや、それらの特徴を知っておくことが重要です。印刷方法は主にオフセットとオンデマンドの二種類があります。それぞれに長所があるので、自分が作るイラスト本がどちらの印刷方法に適しているのか考えて選ぶようにしましょう。オフセットは印刷の際に原版を使用する方法のことです。原版を作ることから、その分の費用や時間が必要になります。イラスト本を刷った分だけ印刷にかかるコストが安くなるので大部数を刷るのに適していて、ベタ部分のテカリや盛り上がりがなく、美しい仕上がりになることが特徴です。また厚紙やコート紙など様々な用紙を使用できることや、金色や蛍光色など幅広い彩色が可能で、イラスト本の原本に近い出来上がりにすることができます。オンデマンドは印刷で原版を使用せず、原稿のデータをそのまま用紙に写します。原版を必要としないのでその分の費用や時間を節約することができることや、インクを乾燥させるための時間が不要なことから、入稿から納品までが早いことが特徴です。試し刷りも可能で、納品の前に完成品の確認を行うことができます。また少部数の発行に強みを持ち、印刷するイラスト本が100冊以内の場合には、オフセットと比べて値段を安く抑えられます。100冊を超えてくると値段差が小さくなっていき、300冊ほどで一冊あたりのコストがオフセットと逆転するようになります。自身の予算やイラスト本の出来上がりの希望を考慮して、どの印刷方法にするのかを決めましょう。